就活をもっと効率的に、

もっと楽しく
ESを読んで、書いて、添削できる

ESコレコレ インタビュー

今回は、理系大学院生のAさんに、ESにまつわる就活のお話や、ESコレコレを実際に使ってみての感想などをインタビューしました!これを読めば、就活生の実際の様子や、ESコレコレのことがもっと分かるようになりますよ!!

就活について

理系大学院生のAさん。熱い思いをもったイマドキ大学生!
- こんにちは、今日はよろしくお願いします。(インタビュアー)
こんにちは、よろしくお願いします!
- さて早速ですが、昨年までは就活をされていたんですよね?
そうですね、とりあえず去年のこの時期は、OB訪問をしたり、インターンに応募したり、色々やってました。
- インターンはどのぐらい応募したんですか?
20個ぐらいは出しました。
- 20個も!それは応募するだけでも一苦労ですね。
ははは、確かに。学科の知り合いから情報をもらったり、あとはネットの情報も参考にさせてもらいました。

ESについて

「ESは工夫の嵐!!」と書かれたAさんのエクセルファイル。かなり手が込んでいる様子。
- ということは、その分、ESもたくさん書いたんですか?
はい、その作業は正直少し面倒でしたね。
- 何か工夫をしたりはしましたか?
自分でエクセルを使ってデータベース化していました。「ESは工夫の嵐」と名付けて…。(笑)
- 「ESは工夫の嵐」ですか!
はい、というのもこのファイルでは、単にESを書いて終わりではなくて、「この質問の意図は何か?」とか「質問者は何が知りたいんだろう?」とか、「この質問の意図は何か?」とか「質問者は何が知りたいんだろう?」とか、そういうことをまず最初に考えて、メモしておくようにしたんです。
「確かに、正直、手間はかかってます(笑)」
- それは大切な視点ですね! そうした過程を経ると、かなり深いESが書けそうですね。
はい。とはいっても、ESの質問自体って似通ったものも多いから、そういうESは一度書いたものを応用したりして効率的に仕上げるように心がけました。
- すごい!でも、このファイルを作るにはかなり手間がかかりそうですね。
正直、そうですね。(笑) あと、添削を学科の先輩とかにしてもらうんですけど、いちいちメールで連絡をとってお願いしたり、相手の貴重な時間を使ってわざわざ見てもらうのも少し気がひけたりして、そこも少し困った点ですね。

ESコレコレについて

真剣な様子で「ESコレコレ」を試してくれるAさん。
- ちょうど添削の話までしていただけると「ESコレコレ」の話題も出しやすくて助かるんですが(笑)、(パソコンを開いて)ちょっとこのウェブサイト、見ていただけますか??
あ、キレイなデザインですね。
- ありがとうございます!ESコレコレは、Aさんがご自分でエクセルファイルを操作して作っていたようなESのストックと、それに加えて他のメンバーや内定者からの添削も受けられるウェブサイトなんですよ。
へー、それは便利そうですね。僕がやっていたような作業の負担をかなり減らしてくれそう。
- そうなんです。ちょっと実際に今使ってみてもらって、感想を教えていただいてもいいですか?
ええと、まずはウェブサイトのデザインがシンプルで分かりやすいですね。 | 個人的には、もっと情報がたくさん表示されてるようなサイトもいいと思いますけど。 | あと、見てみると同じESでも、表示されているコメントと添削を見ると | 僕とちょっと観点が違っていたりして、いろんな意見が簡単に知れるっていうのはいいですね。 | 客観的にESを改善していけそう。
- そうなんです、ESはどうしても「完璧な答え」が存在しないので、いろんな視点からのアドバイスが役に立ったりするんですよね。
それと、なんか「添削」っていうと、下手すると文句だけを言っちゃう感じになっちゃいそうなんですけど、コメントする欄に「いいところも見つけてあげよう」とか「批判は建設的に」って書いてある通り、どっちかっていうとお互いにポジティブにより良いESを作ろうってサイトな感じがします。
- まるで私たちが言いたいことをかわりに言っていただいてるみたいです、ありがとうございます(笑)

終わりに

お願いして、「コレコレ」のトップページと一緒に一枚撮らせていただきました!
- 最後に、ESコレコレについて一言お願いします!
ESを1か所で管理できるだけでも便利だし、それに添削までみんなの力を借りてできちゃうっていうのは、かなり新しくておもしろいアイデアだと思うので、今はBETA版ってことですけど、これは絶対どんどん進化していくと思います。
- 今日はどうもありがとうございました!!

あなたもESコレコレを使ってみよう!