今後10年の間に、国民年金保険料の納付率を高めるには、「どんな人」に「どんなこと」をメッセージすることが効果的だと考えますか。なお、関連する法制度や金融政策などは変えないものとします。同じテーマのES

「20代、30代の若者」に「国民年金保険料を納めるのは【義務】であること、また老後の保障だけでなく事故など万が一の時の保障も兼ねていること。」を伝える。
以前NHKの番組内で「徴収強化される国民健康保険」と題した特集が組まれ、滞納者に対するさし抑えの様子を伝えていました。滞納者の意見は「自分達は病気になっていないのに、高額な保険料を支払わなくてはいけないのはおかしい。」というもの。国民年金についても同様のことが言えるのではないでしょうか。「自分達には年金が支払われる確かな補償がないのに、払わなけれ

(...省略されました...)
791/1000文字)
最新バージョンへの添削・コメント
kacchanさんがコメントしました

ESを拝見させていただきました。
実際の統計や根拠に裏づけされており、大変説得力のある文章と感じました。
一つ驚いたのですが、年金って義務なんですか!?
義務の割に支払いへの強制力が弱いんですね。
払わない人の口座差し押さえれば、皆払うんではないでしょうかwww
(強引過ぎて、認められないでしょうが)

2011/02/12 20:25
aririさんがコメントしました

お疲れさまです。
Satomin3103nさんは的確に分かりやすく書かれているので参考させて頂いています。
実際の統計などあげられておりとても説得力があって正当派な文章だと感じました。
今のままでも十分素敵なのですが、新鮮さをあまり感じれませんでした。
Satomin3103nさんならではの発想が入ってくるとより良いものになると思いました。

2011/02/13 21:03
関連するES