私の強みは、「現状に変えるために努力すること」です。
学生時代、個別塾講師のアルバイトで以下の二つの事を実践し、成績が伸び悩んでいた担当生徒の模試の偏差値を35から55まで上げました。
一つ目は、空き時間に声をかけ、生徒の要望や現状を掴む事です。
二つ目は、生徒のメンタルコントロールを適宜行う事です。
特に生徒がネガティブになっている時に、まずは生徒を褒め、その後改善に向けて何をすべきか明確に伝えることや、生徒の悩みや愚痴を親身になって聞くことで、生徒のモチベーションを上げました。
この

(...省略されました...)
301/300文字)
最新バージョンへの添削・コメント
ししおさんが添削しました

素晴らしいエピソードだと思います!以下、憶測なので予めご了承ください。

■誤字脱字が目立つ
清書ではないと思いますが、ご提出前にはチェックはしたほうが良いかと思います・・。

■条件があいまい
担当生徒:ずっと伸び悩んでいて偏差値が35だとすると、かなり勉強が苦手な子か、まじめに取り組んでこなかった子ということになります。生徒の本質を見抜いて、取り組み方を変更したというならば、筋が通ると思いました。

学年:生徒が小学生なのか中学生なのか、高校生なのかで達成した結果の印象が違います。

期間:半年なのか、3年なのかで改善までのアプローチが違います。
   短ければ、短期的に相手の本質を見抜いて教える力
   長ければ、根気よく相手にすり寄る力

ゴール:偏差値を上げることがゴールだったのか、志望校に合格させることがゴールだったのかが不明瞭

■s159057さんの強み
努力することという強みではない気がしました。
努力をしたのは生徒の気がしました。塾講師というアルバイトの性質上、生徒の学力を上げることは必須の課題だと思うので、その課題に対して適切なアプローチとは何かを考え、実行し、実際に結果を残したということが、s159057さんの強みのように感じました。

なので、まことに勝手ながら大きく変更しております。

2019/07/23 13:09


私の強みは、「現状に変えるために努力す「相手に合わせた適切なコミュニケーションが取れること」です。
学生時代、個別塾講師のアルバイトで以下の2つの事を実践し、モチベーションが低く、成績が伸び悩んでいた担当生徒の模試の偏差値を35から55まで上げました。
一つ目は、空き時間に
中学生の偏差値を1年間で35から55まで上げ志望校への合格まで導きました。
1)
声をかけ、生徒の要望や現状を掴む事です。
二つ目は、生徒の
こと
2)
メンタルコントロールを適宜行う事です。こと
特に生徒がネガティブになっている時
に、まずは生徒を褒め、その後改善に向けて何をすべきか明確に伝えることや、生徒の悩みや愚痴を親身になって聞くことで、生徒のモチベーションを上げました。
このように私は、「困難な試練でもいち早くアクションを起こし、忍耐強く解決まで物事を運ぶ事が出来向き合う相手のことを深く理解することに努め、コミュニケーションを図ることができます。

表示切替(詳細)

添削を見るには会員登録が必要です。

関連するES