学生時代最も力を入れて取り組んだこと、期間、目標、成果、経緯同じテーマのES

「学会発表に向けた研究活動」「修士1年の4月から10月」「一度起こした失敗は二度と繰り返さないようにすること。実験の進捗を相手にわかりやすく伝えること。」「細胞の分化誘導に苦戦する。なぜ、細胞がすぐに死んでしまうのか原因を分析する。自分の研究内容についていけなくなった時、原因を掘り下げてみると自分のやり方がまずいことに気づいたので、物事に取り組む手順を見直したら上手くいくようになった。また、実験を行う前には、何を行うかよりも、なぜ行うかを重視して、行動するようにした。それ以来、着手の前にまず手順を

(...省略されました...)
770/800文字)
最新バージョンへの添削・コメント
まだコメントはありません。
関連するES