学生時代がんばったこと同じテーマのES

Ver.1in74chanさん

タイでフィールドワーク調査をし、100人以上の母集団を集めた。私は大学2年次に学部のプログラムで5ヶ月間タイに留学をした。そこでタイの学生がアルバイトをしていないことに興味を持ち、彼らの労働事情について調査を始めた。この調査の目的は、タイ学生の労働状況からタイ社会の経済事情や学歴社会との関係性や影響を明らかにすることだ。
この調査において難しかったのが、情報源だ。先行研究資料が少ない事、タイに人脈がない事が問題になった。ここで私は2つのアプローチをした。1つ目は現地の図書館に毎日通い、英語資料を

(...省略されました...)
483文字)
最新バージョンへの添削・コメント
ししおさんが添削しました

はじめまして!とても素晴らしいエピソードですね!
ほとんど妄想ですが、私の意見を書かせてもらいます。。。ご容赦ください。。

■全体的に
「~した」や「だ」などの言い切りの文末が多いですが、冷たい印象を受けることと、過去の時系列に沿った言い回しになっていない印象でした。
冗長であることは避けるべきですが、せっかくの人との触れ合いが生まれるエピソードなのにもったいないなと・・
なので人間性の部分や読みやすさのほうが重視されるかと思います。

■ストーリー
とても素晴らしいエピソードですが、情報源不足はどのような調査を行う時でも起こりうる問題の印象のため、ハードルの高さを演出できていないと感じました。(とても大変な作業だったと思うので)
また、それに対するアプローチも「まぁ、、そうなるよな」と当然の発想のように思いましたので、
冷静に判断してもしなくても、調査は人か文献だと思うのでそれよりもやり遂げたことがすごいと思います!

■体験で得た実績
資料を読み込んだ、100人以上調査したことで「確認できた事実」が記載されていないと、課題に対して解決されたとは言えないと感じます。(というか私が知りたい・・読み手が知りたい?)
論文で言うところの、目的、方法まで書かれているが、結果と考察がすっぽり抜けちゃってるのかなーという印象です。

文献を読み込み「大学に通っている学生はそもそも裕福であり、アルバイトしているのは大学生ではないという文化が醸成されていた」など(勝手な想像です)の、『新発見』が記載されていると読み手も引き込まれるのではないかと感じました。

■結論について
冷静に状況を判断し、自ら働きかける力 というよりも、
困難に対して、誠心誠意取り組み、成果を上げる力がある

と感じました。

偉そうにすみません!よろしくお願いいたします。

2020/01/07 18:29


タイでフィールドワーク調査をし、100人以上の母集団を集めた
学生時代がんばったことは「タイでフィールドワーク調査」です
。私は大学2年次に学部のプログラムで5ヶ月間タイに留学をしました。そこでタイの学生がアルバイトをしていないことに興味を持ち、彼らの労働事情について調査を始めた。この調査の目的は、タイ学生の労働状況からタイ社会の経済事情や学歴社会との関係性や影響を明らかにすることだ。
この調査において難しかったのが、情報源だ。
を知りました。そのためタイ学生の労働事情を調査し、タイ社会の経済事情や学歴社会との関係性や影響を明らかできればと考えました。
この調査において
先行研究資料少ない事、タイでの人脈がない事が問題になった。ここで私は2つのアプローチをした。1つ目はなどの情報源不足が課題でした。そのためにまず現地の図書館に毎日通い、英語資料を読み込んだみました。幸いにも大学の図書館には英語の文献があった。専門用語の英語が多く難しかっり、専門用語が多く読解には困難を極めましたが、辞書を使いながら英語資料読み込みした。
2つ目のアプローチは現地学生への聞き込み調査だ。タイ人の友人の数には限りがあったので、友人だけではなく、学内にいた次に現地のタイ人学生に手当たり次第声をかけました。彼らに事情を説明し、インタビュー調査を依頼することで100以上の母集団を集めることができた。
この経験から、問題にぶつかっても、冷静に状況を判断し自ら働きかける
ました。そこでタイ学生のアルバイトにおける価値観が日本人とは○○という点で違うということがわかりました。この経験から、地道にコツコツと続ける忍耐力と課題解決力が身にいたと感じております。

表示切替(詳細)

添削を見るには会員登録が必要です。

in74chanさんがコメントしました

とてもわかりやすい添削ありがとうございます!

関連するES