最近、関心に思ったこと同じテーマのES

世界有数の金融機関が、犯罪行為による資金の出どころを隠すため送金する資金洗浄に利用されている可能性があることです。フィンセン文書で明らかになった「疑わしい取引」は政府機関や犯罪者などが送り手として各国の地元金融機関に送金し、世界の主要金融機関からドルに変化し、寄付や菓子類などの贈答品として国外のペーパー会社に送られる。日本でも五輪招致委員会のお金がIOCの議員の息子に送られるなど贈与疑惑が浮上しました。五輪大会で使われるお金が不正に使われることは許されないことだと思いました。警察官として金融機関と

(...省略されました...)
294/250文字)
最新バージョンへの添削・コメント
まだコメントはありません。
関連するES